UNICORN

イーガジャケジョロ発売記念

オフィシャルインタビュー

――

あれ?今日、EBIくんは?

手島:

体調不良で欠席です。

――

ありゃ、残念(笑)。

川西:

ほんとにね(笑)。

――

久々のアルバムだね。

奥田:

去年の暮れに忘年会兼曲出し会議をやって、そこがスタート。

手島:

ツアーやるのにタイトルを決めなきゃって話になって、「イーガジャケジョロ」でいいじゃんっていう。

――

意味不明の言葉だよね。

川西:

シュビ ドゥバみたいなもんですね。

ABEDON:

“ズンドコベロンチョ”みたいなもんですよ。

――

アルバム制作は、どんな風に始まったの?

ABEDON:

まず、電大の雰囲気を見てたのね。電大っていうか、メンバーの川西(幸一)さんとテッシー(手島いさむ)とEBIは、いい意味で自由なんですよね。それを止める必要はないだろうってことをまず考えた。だから「KEEP ON ROCK’N ROLL」みたいな正統派の曲を一個やっておけば、あとは思う存分遊べるだろうっていうのが、どっかであったんです。そういう王道の曲がないと、邪念が入って思いっきり遊べないんで。焼き肉で言うと、どっかで必ずカルビとメシを一緒に食いたくなるじゃないですか、カルビは1枚でもいいから。そういうのを作らなきゃいけないなと思って、最初の方に作ったのが「KEEP ON ROCK’N ROLL」。これさえやってしまえば、あとは…。

――

遊びまくり(笑)

ABEDON:

うん(笑)。

――

それでOTに ボーカルを振って。

ABEDON:

そう。 やっぱり1曲は欲しい。世の中の表向きにも、OTボーカルの王道曲が1曲はあったほうがいい。

――

それで「KEEP ON ROCK’N ROLL」は、カルビのような仕上がりになった!でも、今回はOTの歌が案外少ないんじゃないかな?

奥田:

そうなのよ。いつもは俺に歌を振ってくるのに、今回は電大の3人が自分で歌いたがって、みんな振ってくんないのよ。「ほんまよ~、俺、わりと歌うまいんやで~。お前ら全部自分かい!」って思ってた(笑)。

川西:

でもね、歌って楽しいなって今回思い始めたのは確か。

奥田:

こういうこと、言ってんのよ。さすが、電大効果ですよ。 

ABEDON:

(笑)

川西:

でね、やってみると、やっぱり「民生の歌ってすごいなあ」と思った。

奥田:

だけどやらしてくんないんですよね(笑)

――

1曲目の「イーガジャケジョロ」は、川西さんとテッシー が歌の中心だし。

手島:

「ロック幸せ」のコンビがね。

川西:

「ロック幸せ」コンビって(笑)。

奥田:

過去の栄光みたいに言うな(笑)。

川西:

「イーガジャケジョロ」もいいけど、「俺のタクシー」が面白いんですよ。

――

あれは面白すぎだぁ(笑)。

川西:

ユニコーンっていろんな側面があると思うんですけど、これはやっぱりひとつの“持ち芸”ですよね、ネタというか、このパターンというか。

――

クレイジーキャッツ風の。

川西:

そうですね。これはすごい面白いなと思いますね。しかも実話ですからね。

――

実話なの?(笑)

川西:

ABEDONちゃんの(笑)。

――

タクシーで忘れものしちゃったんだ。

川西:

もともとタクシーの歌にしようっていうのはあったんですよ。それでやってるうちに。

――

事件は起こった!

川西:

そう、ABEDONちゃんがタクシーの中に荷物を忘れたらしいっていうんで。それでこの歌詞になっちゃった。やっぱり実話だから、説得力が違いますよね。

――

あはは。

川西:

スタッフがあちこち探したんですけど、探した地名が入ってる。歌詞ができて歌入れしてるときも、「これはキタぞ」っていう感じでしたね。

――

大爆笑だよね。

川西:

おかしいですよ。歌詞に入ってる地名を全部、絶対覚えられないですからね。

――

ライブではどうすんの?

川西:

まあ、いっぱい間違えるでしょうけど、一生懸命頑張りますよ。早くもスタッフが、ツアーで行く地方の三文字を、ライブで全カ所入れてくれって言い出した。言えるわけがないやん、そんなの絶対に(笑)。

――

今回、EBIくんが大活躍だから、これも頑張ってもらえば?

川西:

そうなんですよ、大活躍してます。EBIはここ1年くらい、新しいものへの挑戦をしてる感じがすごいするんですよね。電大のときも、ライブ終わったときにはホントにヘトヘトになってる。ライブで全部出しきりまくってるから。今回もレコーディング中、すごく歌い込んでたし、ベースもものすごい本数持ってきて、いろいろ試してたりとか。なんか50才一歩手前にきて、より一層ベーシストとして、ボーカリストとして、一皮むけたような気がするんですよね。面白いですわ。

――

バンドとして、すごくいいね。

川西:

他のバンドだったら、立ち位置として、僕だったらドラマーとしてだけで参加してたり、ベーシストとしてだけとか。そういうふうな感じになってくるけど、ユニコーンはそうじゃないんです。みんながプロデュースしてるような感じ。そこらへんは他のバンドとは大きく違うんじゃないですかね。その中でも特にEBIが、今回のアルバムの中では炸裂したんじゃないかと思ってるんです。前から明るかったけど、より明るくなってますね。なんか楽しそうですもん。

――

特にEBIくんのボーカルが凄いことになってる。

手島:

やってくうちにああなったんですけどね。最初は探り探りやったけど。

奥田:

まあでも、セクシーなボーカルを目指せということもあり。

川西:

お色気ムンムンですからね、あれ。

手島:

(笑)ムンムンって。でも電大で1年半、ツアーとかレコーディングとか、歌いっぱなしだったから、その効果をユニコーンに反映できてよかった!

――

目覚めちゃったのかな。そういう意味では今回、いちばん変わったのはEBIくん?

手島:

変わったっちゅうか、もともと持ってるんですけど、スイッチが入ってなかっただけなんで。

奥田:

前は、ちょっと恥ずかしがってたんじゃないの?(笑)。

川西:

安全装置が外れたみたいになってる。

奥田:

芸人やね。

――

いちばん変わったのに、今日は欠席してるし(笑)。

ABEDON:

そういう人です(笑)。まあ、でも、EBIは前とは違うでしょう。スタジオで座ってる位置が、まず違う。

奥田:

そうね。今回は電大の人たちが真ん中にいたもんね。

ABEDON:

コントロールテーブルの真ん中。

奥田:

EBIがいたもんね。

――

今まではなかったこと? 

ABEDON:

今までは後ろのソファーとか、そっちが多かったんですけど、センターにいるもんですからね。何かと目につくわけですよ。

――

それはずいぶん違うね。そうすると音楽も変わる?

奥田:

うん、変わる。

――

アドリブ的な要素が多くなる?

奥田:

そんなに準備してスタジオに入ってないからね。アドリブっていうより、ホントにその場しのぎのアイデアが出てくるわけですよ(笑)。

ABEDON:

EBIくんは、周りの空気に関係ないんですよ。バンドってさ、その日によってメンバー間の空気って違うでしょ。誰かが機嫌悪かったりとか、誰かがすごい楽しかったりとか。そういうことでバンドの雰囲気っていうのは日によって変わっていくんですよね。僕はそれにわりと敏感なんですけど、EBIは関係ないんですよ。だからEBIのテンションが高いと、バンドのテンションが高くなっちゃう。すごいどんよりした雰囲気でも、EBIは関係なくハイテンションだったりしたんで、「じゃあ、それに乗っかる」かみたいな。今回だいぶ助かったんですよね、正直。なんか困ったことがあると、「EBIく~ん、何かやって~」って言うと、わりと積極的に彼はやってくれたんで、みんなのテンションが上がる。ムードメーカー的なところはありましたよね。

――

役立つマイペース男だ! 

手島:

EBI楽曲の「夢見た男」は、脳天気な感じのデモテープだったんですよ。ところがちゃんとレコーディングしてみたら、立派な音になった。そうすると、ボーカルもそれなりにテンションを上げなきゃいけない。そしたらEBIくんは、僕の予想してた3倍ぐらいのテンションで歌い出した。やっぱりやるときはやる。まあ、やらないときはやらないんですけど(笑)。メリハリがすごい。スイッチ入ったら、すごいんだよね。

奥田:

だってベースを置いて、自分からボーカルブースに入っていったもん(笑)。なので、この曲のベースはABEDONが弾いてます。

ABEDON:

自分のソロで、ヤック(スパークスゴーゴ―の八熊慎一)にベースのコツを教えてもらったからね。

――

でもEBIくんは、取材には来ない(笑)。

奥田:

そうそう(笑)。

――

そして、テッシーのバラード「それだけのこと」は、バックは完全にピアノだけ。

ABEDON:

これはそのままやると普通のバラードになりそうだったから、わざとメロディを把握しないで弾いたんですよ。しかも、一発で録って終わりっていう。正味、1時間ぐらいだった。

手島:

もともとは「自転車泥棒」とか、全員でやる爽やかなタイプの曲だったんです。で、やってみたら、ただ爽やかなだけの曲になっちゃって(笑)。なので、テンポを落として、僕が歌って、ABEDONのピアノで大バラードにしようってことになった。詞を書くときに、「これ、何を歌やええんや」って話をしてたら、奥田さんから「こういう曲は、どこまでも真面目に書くんだよ」ってアドバイスがあり。じゃあ、真面目に書いてこようーっつって。

――

そしてデスメタル曲もある。

奥田:

「ユトリDEATH」っていう曲は、メタリカを目指したんだけど、みんな楽しそうだったよ。でも、テッシーがいちばん喜んで歌ってた。“DEATH声”が上手い!

――

そんな声も出してんのかい。

手島:

ライブでやったら、一発で声をやられる(笑)。まあでもEBIくんには負けますね。もうスイッチオンで、「夢見た男」と「お前BABY」をやったら、大変なことになる。これが果たしてユニコーンのツアーのときに、毎日、スイッチオンしてたら、「EBI、ちょっともたんぞ、最後まで」と思って(笑)。アルバムをレコーディングしながら、「疲れるだろうな」って、ずっと思ってた。そういう意味じゃ、ライブをあからさまに想定しながらレコーディングしてたっていうのは、今回が初めてじゃないかな。いつもはCDはCD、ライブはライブって感じじゃないですか。だから、今回のツアーを楽しみにしててくださいよ。

――

復活3枚目にして、これだけお気楽なアルバムが作れたのは、やっぱりユニコーンならではだね。逆の言い方をすると、ノーコントロールでどん底のアルバムかもしれないけど(笑)。

奥田:

いや、今やそんなこと、どうでもいいんじゃない?(笑) 

ABEDON:

あはは、3枚目でここにいったっていうのはいいね。このアルバムに目くじら立てる人は、まずいないだろうから。まあ、こういうバンドがいてもいいでしょう。これを作って、非常に楽になった。アルバムを完成させたことで、だいぶバンド的にはいい状態になってきてるんでね。多分、今回のツアーは面白いと思いますよ。気負いもないし。心配事はあるけどね、2つ、3つ。

奥田:

バンドっていろんな形がありますんで、もちろんユニコーンがすべてじゃないですが、自分たちがストレスなく好きなことをやるかどうかっていうことだけで言うと、今の状況はいいと思う。好きにやらしてもらえてるってところも入れて、そういう感じはしますね。内容はさておき(笑)。

――

そうとう気楽だよね。

奥田:

気楽だね。求められてるものっていうのも、そんなにハードルが高くない感じがするしさ(笑)。

――

まだ気の毒がられてはいないよね。歳とって大変だなっていうふうにはみんなは思ってないと思う。

奥田:

だからなんかこう、ほっといてくれるっていうかね。逆に、すごい食いついてもないけど(笑)。非難もしないというか。まあ、「そうやってやってなさいよ」っていうような感じで見られてるのは、ありがたいねえ。

――

(笑)ツアーでいちばん楽しみにしてるところは?

奥田:

やっぱりEBIがブレイクして欲しいんでね。2014(ニセンカズシ。EBIの本名は堀内一史)だから、EBIにかかってるね、今回は。キレて欲しいですね。

<番外編 EBIくん一問即答 平山雄一による日本語訳付き>

今回、ボーカリストとして目指したことは?

EBI:

プレスリー!(訳:セクシーボーカルの最高峰を目指しました)

今回、ソングライターとして目指したことは?

EBI:

ベートーベン!(訳:これって運命でしょっ!)

今回、ベーシストとして目指したことは?

EBI:

ポール・シムノン!(訳:かっけー)

レコーディング中で一番印象に残った出来事は?

EBI:

ベビースターをこぼしたこと。(訳:スタジオにベビースターのサーバーがやってくるときいて嬉しくて焦りました)

今回のレコーディングで一番苦労した点は?

EBI:

うた。(訳:本気で広島のプレスリーを目指したから)

いちばん気に入っている曲は?

EBI:

「それだけのこと」。(訳:テッシーの力作だから!)

いちばん反応が心配な曲は?

EBI:

「それだけのこと」。(訳:テッシーの力作だけに…)

ツアーに対する意気込みを聞かせてください。

EBI:

楽しみます。(訳:僕だけを見ててください)